こんにちはけん坊です。
本日の内容はこちら

今後絶対に大ヒット間違いなしアメトーーク漫画芸人が選ぶ漫画傑作選

6月29日に放送されたアメトーーク! 「本屋でマンガ大好き芸人」

出演メンバー
ケンドーコバヤシさん、有吉弘行さん、麒麟川島さん、スピードワゴン小沢さん、
三四郎の小宮さん、女優の広瀬アリスに加えてスペシャルゲストでザブングル加藤(悔しいです)

芸能界きっての漫画芸人ケンコバや麒麟川島に加えて、
今回は有吉も参戦+見た目とは打って変わってかなり少年漫画好きの広瀬アリスさんらが
自分の好きな漫画について熱く語られており、紹介された漫画は今後人気がでること間違いない。

漫画は子どもの読み物ではなくもはや大人も読む日本の文化。

というわけで今回の記事では番組中で紹介された漫画作品を紹介していきます。

—–sponsored link—–




麒麟「川島」さんおすすめ漫画

まずは芸能界一の漫画好きと言っても過言ではない麒麟川島さんの紹介する漫画

1.「僕たちがやりました」
とあることをきっかけに殺人事件の犯人に間違われ??逃亡する中で
事件の核心に迫っていく青春逃亡コメディという新しいジャンルの内容。
こちらの漫画は現在ドラマでも放送中ですので間違いなく
今後も売れていくこと間違いなし。
アメトーーク出演メンバー(ホトチャンやフットボールアワー岩尾)が漫画にでてきたり、
ドラマでもキングオブコメディがでていたりと、かなりせめた内容で、
「おのののかの」ナイスバディおっぱいが堪能できるという一石二鳥です。

2.「波よ聞いてくれ」
とにかく「しゃべり」がうまいことからラジオのパーソナリティになった女性を主人公にした物語。
物語の主人公はベッキーさんみたいなイメージと言われている。
しかし時が時だけにベッキーさんがイメージと言うとどうしても
文春のイメージがつきそうだが・・・。
さすがはアメトークそこも関係なく使う姿勢に感服。

3.「Blue Giant Supreme」
麒麟「川島」さんに

「この漫画は紙から音が出る。夜中読み終わったらとりあえず走りたくなる漫画。読んだ後、自分も何かを成し遂げたくなる」

と大絶賛する漫画。
どんな漫画かは是非ご自分で確かめてみてください。今後の一押し漫画と言っても過言ではないです。

有吉弘行さんおすすめ漫画

続いては有吉弘行さんおススメの漫画。あまり漫画好きなイメージはなかったけれど、隠れ漫画好きだったようです

1.「僕のヒーローアカデミア」
週刊少年ジャンプに連載中でかつアニメも好調な「僕のヒーローアカデミア」
個性という社会の中で無個性でうまれてきて何をするにしてもダメダメな少年が、
とあることをきっかけに個性を授かり、社会の悪と立ち向かう王道漫画。
一時期は劣化ナルトなど呼ばれていましたが、全くそんなことはなく素敵な内容と画力で読むものを惹きつける内容

また子どもにも当然ながら大人気です。

2.「ファイアパンチ」
こちらもジャンプ系列で電子連載と言う異色なものにもかかわらず「この漫画がすごい2017」男編
で見事3位に輝くという実力派漫画

3.「ドクターストーン」
3月6日に発売された週刊少年ジャンプ14号(集英社)にて、「アイシールド21」の稲垣理一郎が原作を、
「サンケンロック」のBoichiが作画を手がける新連載として「Dr.STONE」がスタート。
そもそもこの二人のタッグが既に話題となっており、
天才と天才が漫画をかくとこんなに面白くなるのかと大人気に。

世界中の人間が突如石となり、3700年の目覚めから一人の少年が目覚めて、
科学を武器に文化を取り戻していくストーリー。
また物語が少し進んでから本編と言う圧倒的スケールの描き方。今一番熱い漫画となっている。

4.「HUNTER×HUNTER」
もはや説明不要の長寿??漫画。去年は一年間まるまる連載がなかったが、ようやく始動。
もはやケンコバがどこまで進んだのかというレベルだけど、読みたくて仕方ないという言葉通り。
ネットでは再開の度に大盛り上がり。
ちなみに奥さんはセーラームーンという夫婦ともに素敵すぎる漫画を描いている。

—–sponsored link—–




広瀬アリスさんおすすめ漫画

1.「進撃の巨人」
大分県日田市出身の天才漫画家。けん坊も諌山さんとは同じ日田であり、
ほぼ同世代で友人の結婚式などではすれ違っています。
言うまでもなく物語は面白く、
内容はそろそろクライマックス佳境に入りつつある進撃の巨人。

突如現れた巨人に対抗す人類。しかし巨人の正体は実際は・・・
悲しい真実の先にある戦いの結末は是非ご自分で確認を。

2.「骨が腐るまで」
11歳の夏、人を殺して、洞窟の奥に死体を埋めた。
それから毎年、5人の幼なじみは、夏休みの夜に儀式をする。罪を忘れず、友情を裏切らぬための儀式を。
そして5年。16歳の夏。白骨化した死体。暴かれる嘘。姿のない脅迫者。
鳴り響く電話と、命の千切れる音。骨は腐らず、罪は朽ちず。――いま、地獄がはじまる
というあらすじらしいです。なんだかものすごく一気に引き込まれていくような内容です。

3.「女子高生に殺されたい」
女子高生に殺されたいがために高校教師になった男、東山春人。この設定が既に常軌を逸している。
このために様々な計画を練っていく。作者の奇天烈なストーリー展開に注目の作品。

4.「今宵は月が綺麗ですがとりあえず死ね」
こちらも読んだことがないので作品あらすじから
「俺は君を殺したい」――神城卓の花園魅香への想いは単なる片思いだった。
そう、ある日を境に突然“殺意”へと変じるまでは……。次のページで何が起きるのか全く予想できない! 
1話で驚愕し、2話で絶望し、3話で慟哭する 壮絶なストーリー展開に括目せよ!!

ものすごく気になるこの文章。ぜひとも読みたいですね。

5.「ワンパンマン」
限りなくギャグマンガに近いけれど作画は圧倒的にうまい。
そしてシリアスな展開に惹きつけられること間違いなし。
主人公は強すぎてどんな相手でワンパンチで倒してしまい、
本当に強い人と戦いたくて日々ぼーっとしている人物の物語です。

ケンドーコバヤシさんのおすすめ漫画

最後はやはりこの人ケンドーコバヤシさん
どぐろばやしはげたかまるなど適当な名前もたくさんあるケンドーコバヤシさんおススメの漫画は

1.「約束のネバーランド」
こち亀の原作者秋本先生やワンピースの尾田先生も絶賛の漫画。
とんかく先が読めない。予想の遥か斜め上から次から次へ迫る鬼の魔の手。
それをわずか13歳の子どもが生きるために策を練る。
友の大切さや本当の家族との葛藤の先にあるデスノート以来のミステリーホラー作品。
ぜひこの夏に読んでみて下さい。

2.「ジョジョの奇妙な冒険」
アメトークでもジョジョの奇妙な冒険芸人があったり、
最近では実写化で何かと話題のジョジョの奇妙な冒険シリーズ。
まずは3部の空条承太郎。これは中川翔子(しょこたん)も大好きな話です。
そして第4部の東方仗助。この3,4部は一気にはまること間違いなし。

スタンドバトルのスタートとなる3部をおススメします。

3.「グラップラー刃牙」
言わずと知れた格闘漫画。地上最強の生物になる為に。
地上最強の敵親父を越えるために様々なバトルを繰り広げる格闘漫画。
最近では歴史上の人物とも戦ったりしていてます。

4.「弱虫ペダル」
小野田坂道というメガネのひ弱な少年がクロスバイクに出会い、仲間との友情や絆をレースの中で育んでいく。
主人公だけでなく、全てのキャラクターに魅力があり、
主人公小野田の1年生編インターハイは涙なしでは見れない。

ロードレースを世に一気に広めた青春スポーツ漫画ここにあり。

5.「ゴールデンカムイ」
2016年注目の漫画に選ばれて熱狂的なファンもいるこれから爆発的人気間違いなしの作品。
6.「リクドウ」
最後はさすが天才ケンコバさんの説明
親父の死体を殴りまくるシーンから始まり、
プールであ〇るファックするだけで1話終わる。

一応言っておきますがボクシング漫画です。笑
 

—–sponsored link—–